エントリー

JamToast側のファームウェア書き換えについて

NT金沢2016に参加された皆様お疲れ様でした。そしてJamToastをご購入頂いた方々、誠にありがとうございます。

さてJamToastですが、近々機能追加を予定しています。予定している機能としては下記の2つです。

  • IchigoJamファームウェアの書き換え後、jam.binを消す/消さないの選択ができる機能
  • BASICプログラムの保存フォルダを指定できる機能

 

機能追加には、JamToast側にあるマイコンのファームウェアを書き換える必要があります。基板上にISP端子とリセット端子のランドを設けてありますので、USBシリアルアダプタを用いてPCで書き換えてもらう、というのが一般的な方法になります。

 ・・・ちょっと、面倒臭いですよね。

 

実は、JamToastとIchigoJamを使うことで、JamToast側のファームウェアも書き換えられます。勘の良い人はお気づきかもしれませんが、次のような手順で行います。

  1. JamToastの新しいファームウェアをJam.binという名前でメモリーカードに保存
  2. IchigoJamとJamToastを接続し、メモリーカードを挿して電源ON
    (ここでIchigoJamのマイコンがJamToastの新しいファームに書き換わる)
  3. IchigoJamのマイコンとJamToastのマイコンをソケットから外して入れ替える
  4. IchigoJamのファームウェアをメモリーカードに保存し、JamToastを使って書き換える

この手順ではマイコンが入れ替わってしまいますが、どうしてもそれが気になる場合は同じことを2回繰り返すことで元のマイコンの配置に戻ります。


少しネタばらしをすると、JamToastのマイコンをIchigoJamと同じ LPC1114FN28 にした理由が、このことだったりします。ただし最近発表された「IchigoJam T」ではマイコンが表面実装されているようで、残念ながらこの方法は使えません。

 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

ユーティリティ

Author


oaks (@oks486)

記事の内容に関しては無保証です。何事も At your own risk ってことでよろしく。
リンクはご自由にどうぞ。

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed

リンク